独自の手法

オレンジ色の重機

柔道整復師は骨・関節・靱帯などの損傷に関する治療を行う専門職です。その資格は厚生労働省の認定する国家資格となっています。 柔道整復師が取り扱うのは骨折・脱臼・ねん挫・打撲等の疾病で、外科手術や投薬などを伴わない「非観血的療法」と呼ばれる独自の手法によって治療します。この手法は日本に古来から伝わる伝統的な治療術を発展させたものです。西洋医学とは異なった理論によるものですが、現代医療を補完する機能を果たす技術として広く認められており、その施術に対しては一定の範囲で健康保険も適用されています。 柔道整復師の資格を得るには大学・短大・専門学校等に設置された養成施設で必要な単位を履修し、国家試験に合格する必要があります。実際の治療技術のほか解剖学・生理学・公衆衛生学など幅広い知識が求められます。

柔道整復師の資格を持つ者の就職先としては、最も求人数が多いのが整骨院です。整骨院は接骨院とも呼ばれ、上に掲げたような疾病の治療のほか肩こり・腰痛・神経痛といった身体の慢性的な不調の解消を図る施術も行っています。 その他の求人先としては、アスレチックジムやスポーツクラブなどがあります。これは、ねん挫など運動時のケガに対する応急処置や疲労回復のためのマッサージなどが必要な場合において、柔道整復師の持つ技術の提供が望まれているからです。 また、最近では福祉施設などから求人が来ることもあります。これは高齢や障害などが原因で筋肉が衰えてしまった人のためにリハビリテーションを行う際、やはり柔道整復師の技術が役立つからです。この資格を持つことにより、多方面からの求人に応じることができるようになります。